スーパーフードとはいったい何なのか

スーパーフードとは、スーパーモデルやハリウッド女優が愛用している美容や健康に良い食品で、アメリカで大人気になっています。日本でも最近注目されつつあり、コンビニやスーパーなどでもドリンクとしてよく販売されていて、気軽に栄養素を摂ることが可能です。スーパーフードは、1980年代頃、食事療法を研究する医師や専門家から話題になったことから世間に広がりました。突出した有効成分が沢山含まれている食品に対して命名された呼び名です。

健康によい栄養を豊富に含みながら、低カロリー食品というのが一般的な定義になります。抗酸化作用が高いので老化や生活習慣病予防に効能があり、ガンのリスクを低減できるとも言われています。スーパーフードは、一般的な野菜というよりは健康食品と考えた方がいいでしょう。ただ栄養面に優れているだけではなく、特定の有効成分が飛び抜けて高いものに対してそう呼ばれるものが多いです。

少量で栄養や健康成分を効率的に摂取できる要素があれば良いので、特定の食品を定義したものではありません。スーパーフードで気をつけないといけないのは、全てがヘルシーという訳ではないところです。そのため、新しいものが登場した場合、含まれている栄養素をしっかり見極める必要があります。賢く利用するには、どのアイテムが自分の体に合っているのかを検証することが大切です。

はっきりとした定義はないので、自分にふさわしい物をチョイスしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です