詳細な地形データを取得できる航空レーザー計測

かつては、上空から地上の写真を撮影する場合、気球や航空機からのカメラ撮影に頼っていました。

しかし、カメラ撮影だと、飛行機や気球が入りにくい地形だと、事故の危険性があり、地形の調査ができにくくなります。


また、雲や樹木の影響で死角になるところがあり、データに不備が出ることもありました。

また、カメラ撮影に頼っていると、建物の使用用途などの、非常に細かい部分が分かりません。

しかし、レーザーの発達により、航空レーザー計測が可能になり、カメラ撮影の欠点を埋める存在として使用されています。

航空レーザー計測では、航空機にレーザー装置を取りつけ、地上の地形データを計測します。


レーザーは、非常に細かいデータ取得が可能なので、精巧な地図を作ることができます。

また、レーザーの一部は、葉っぱや雲を通すので、樹木や雲が多い場所でも、地形データが容易に取得可能です。

評価の高い航空レーザー計測の情報サイトが便利です。

建物の形なども精巧に分かり、地形データがより詳細になります。航空レーザー計測なら、地形の変化も計測します。



そのため、土砂災害や河川氾濫などの災害が、発生しそうな場所が分かり、防災や避難計画作りに役立っています。



地形データの取得に関しては、一般では意識さされづらい、非常にマイナーなことです。
しかし、防災などにはとても重要であり、人の役に立っています。より精巧になりつつある航空レーザー計測は、詳細な地図を作るために必要で、人の安全な生活には、欠かすことができないものです。