航空レーザー計測と航空写真の違い

地上の地形を正確に知るためには測量をするしかありません。

よく行われているのは基準点からの位置、高さの差を調べていく三角測量です。

三角測量は位置を変えながら少しずつ行なっていくので時間がかかります。
また、人の移動が困難なところは測れないデメリットがあります。そのようなデメリットを解消できるのが航空レーザー計測です。


航空レーザー計測は航空機につけたレーザー測距儀を使って測量していく方法です。

地上に向けてレーザーを照射して、その反射を受光して時間差から距離を求めていきます。

GPSを使うことで位置情報を確認しながらその地点の高さ情報を収集していきます。
レーザー光は横方向に複数照射されるため飛行方向にある程度の幅で同時に測量していくことができるので効率的です。飛行機を使った地上の調査として航空写真があります。


広範囲で地形を目視することができるため便利です。

航空レーザー計測に今、注目が集まっています。

ただし、航空レーザー計測とはいくつかの違いがあります。

最も大きな点は距離を測ることができません。


いくつかの方向から撮影してその関係性から高さを想定するしかありません。



なんども同じ場所を飛ばなければならないため非効率です。


航空レーザー計測ならレーザーが反射すれば良いので夜間でも問題ありませんが、写真は明るくないと映らないから昼間しか行えません。



航空レーザー計測は、樹木の葉を透過することができるため地表の形状を正確に計測することができますが写真は手前に障害物があると地表が見えないと言うデメリットがあります。
ただし、航空写真のメリットは数字ではなく目で見てわかることです。
計測の時には両方が使われています。